2017/08 弊社の住所、TEL、FAXを偽ったカード番号の取り込み詐欺サイトが確認されました
トップドメインは「.pw」パラオ、IPはアメリカ、管理者は中国人ではないかと思われますが、弊社とは一切関係ありません
そのサイトが扱っている商品はカー用品ではありませんが、念のためご注意ください
被害に遭われた方は警察にご相談ください
2017-01-05 19:16 〜 2017-12-31 23:59の期間中 一部商品の割引セール実施中
5,000円以上お買い求めの方は発送費用 0円を実施中

詳しくはこちら

夜のドライブを楽しむために

車の運転がお好きな方の中には、特に夜のドライブがお好きな方も多いのではないでしょうか。日常的に通り慣れた道路や景色が違った色や表情を見せることもあり、昼間のドライブとは異なる雰囲気を楽しむ事ができます。

しかし、夜間は視界のコンディションも悪く昼間よりも注意を払わないといけない点がいくつかあります。ここでは、夜のドライブをする際の注意点を挙げてみたいと思います。

【 スピードを出し過ぎない 】

昼間の運転においても勿論注意は必要ですが、夜間は交通量も少ないため体感スピードと実際の運転スピードが食い違ってしまうということがあります。

特にカーライトの照射範囲内で操作を判断しないといけませんので、照射範囲内に人や障害物が見えても、十分に停止できるスピードを維持しましょう。

カーライトの寿命が走行中にきれてしまうとその場での交換は難しいので、
寿命の長いhidライトやLEDライトに交換しておくと安心です。

【 危険の発見は迅速に 】

夜間はカーライトの照射範囲外が全く見えていない状態で運転しなければならないこともあります。特に都市部は昼間交通量の多い道路の植樹伐採作業、道路工事等を夜間に行なうことがありますので、走行する車は少なくても人通りが多い、という道路も少なくありません。

カーライト照射範囲外から急に人が出てきてもすぐに発見できるように、常に周囲に気を配りましょう。

【 漫然運転・居眠り運転 】

夜間に人気のない道路を走行するのは爽快なものですが、景色が単調な道路や、信号・障害物の少ない道路で多くなるのが漫然運転・居眠り運転です。

特に漫然運転は自動車事故原因の中でもトップクラスです。途中小まめに休憩を取るなどして運転に変化をつけると事故防止に効果的です。

また、当サイトではhidライト以外にもLEDテープなど内装カスタマイズに便利なカー用品を取り扱っています。内装を少し明るくすると、目に見えるものも増え漫然運転防止につながります。価格もリーズナブルなので、ご覧下さい。

当サイトで取り扱う商品はhidライトを始め、明るさにこだわったアイテムが豊富です。

夜間ドライブは人間だけでなく小動物を轢いてしまうという事故も多発していることが問題となっていて、その中には国の指定する天然記念物も少なからず含まれているそうです。運転する際には十分に注意しましょう。

夜間ドライブを楽しむためにも光度にこだわった愛車のカスタマイズをしてみませんか。


再入荷のお知らせ
ログインして再入荷のお知らせを受け取る