2017-01-05 19:16 〜 2017-12-31 23:59の期間中 一部商品の割引セール実施中
5,000円以上お買い求めの方は発送費用 0円を実施中

詳しくはこちら

HIDバルブ交換時の注意点

近年では、HIDヘッドライトが安価で手に入るようになりました。
数年前までは、とても高価だったため、なかなか手に入れることができなかった方も多いのではないでしょうか。
最近では、手に入りやすくなった影響もあり、ご自身でHIDヘッドライトを交換する方も増えてきています。
こちらでは、交換される方のためにHIDバルブ交換時の注意点についてご紹介したいと思います。

【HIDバルブ交換時の注意点】

  • 購入前の確認
  • HIDバルブを購入する前に、バルブタイプをきちんと確認しましょう。
    同じ製品のバルブであれば、スムーズに装着できますが、製品によっては、バーナーの形状やサイズが違う場合がありますので、間違えて購入しないよう、きちんと調べてから購入しましょう。

  • バーナーとシェード
  • バーナーとシェードの干渉は、実際に装着してみないと分かりにくいのが現状です。
    装着の際、バーナーがランプ内のシェードに干渉しないか、更に、バーナー後部のスペースがきちんと確保できているかを、十分に確認しましょう。

    バーナーとシェードが干渉してしまう場合、シェードをカットしなければなりません。
    カットしてしまうと、元のタイプに戻すことができなくなってしまうため、ライトユニットごと交換する必要がございますので注意して下さい。

  • スペース
  • バーナー後部のスペースは、ハイとローの切り替えができるタイプだと、後部が出っ張った状態となっているため、装着する際は、スペースがきちんと確保できるかを確認する必要があります。

装着の際に、バッテリーやエアクリーナーケースなどが干渉してしまう場合、一時的に取外して作業スペースを確保する必要があります。

また、ライト裏にカバーのある車種の場合は、バーナーと干渉する部分をカットしたり、穴を開ける必要があります。
更に、バーナーがカバーと干渉していなくても、配線を通すための穴を開ける必要もでてきます。

カバーを加工した場合は、カバー内に水が入らないよう、ゴムパッキンなどを利用し、防水処置を施す必要もありますので、忘れないようにご注意しましょう。

当店では、HIDバルブを通販でご紹介しております。
HIDバルブをお買い求めの際は、当店をご利用下さい。


再入荷のお知らせ
ログインして再入荷のお知らせを受け取る