2017-01-05 19:16 〜 2017-12-31 23:59の期間中 一部商品の割引セール実施中
5,000円以上お買い求めの方は発送費用 0円を実施中

詳しくはこちら

ウィンカー・フォグランプの交換方法

夜間は昼間の約3倍死亡事故が発生しやすいといわれています。
夜間は視界が悪くなるため、歩行者やライトを点灯していない自動車との衝突事故が増える傾向にあります。
また夜間は交通量の減少、速度を出しやすい、車の速度の判断が難しくなるなど、様々な理由から事故が発生しやすいとされています。

夜間も安全に走行するには早めの点灯、対向車のライトが見えたら無理な追い越しはしない、見通しの悪い交差点ではヘッドライトで合図を送るなど、危険を常に予測して安全運転に努めることが大切です。
またライトが切れている場合は速やかに交換しましょう。
そこで今回はライトの取替え方をご紹介致します。

ウインカーランプの交換

ヘッドライト球はヘッドライト・ユニットの裏側から行います。
まずはソケットを引き抜き、樹脂製のバルブカバーを左に回しきり、ロックが解除されたら引き抜くように外します。
次にゴムカバーを取り外します。
バルブを固定している針金状のロックピンの端を指でつまむようにしてロックを外します。
2箇所でロックされているので両方とも外してください。
バルブの先端部分を持ち、まっすぐ後部に引き抜きます。
次に新しいバルブを取り付けます。
角度が決まっているため、3箇所のツメを合わせてまっすぐ安定するように取り付けてください。
後はゴムカバー、バルブカバーを取り付けます。
バルブカバーはロックされるまで右に回して下さい。
バルブの先端部分にソケットを押し込んで取り付けて完了です。

フォグランプの交換

作業は手探りになるため、コネクタやレバー、バルブの位置を確認してください。
バンパー下の運転席・助手席にあるボルトを外し、アンダーカバーを外します。
アンダーカバーを後ろに引き、下へめくり作業をするためのスペースを作ります。
次にバルブのコネクタを外します。運転席側のバルブは左に、助手席側は右に回して引き抜きます。
バルブを差し込み、回転させてコネクタが下向きの正位置になっているかを確認します。
バルブはカチッと音がするまで差し込んでください。
フォグランプの点灯を確認し、アンダーカバーを取り付けて完了です。

当店では、LEDバルブやHIDパーツなど多数のアイテムを取り揃えています。
LEDバルブをお求めの際には、是非ご利用ください。


再入荷のお知らせ
ログインして再入荷のお知らせを受け取る